江戸真糊糸目友禅ロゴ
東京友禅の染匠 有限会社ヤマト染芸

Gallery金更紗】の名古屋帯

 近世初頭から様々な染色布が遠く海を渡って舶載されてきました。中でも17〜18世紀頃に輸入されたインド地方の更紗を「古渡り更紗」として、特に茶人達に珍重され大切に扱われてきました。花鳥や人物を鮮やかな色調で繊細且つ奔放でしかも官能的に染められたこの外来の染色布に当時の人々は、日本固有の染織とは違う新鮮な驚きと感動を覚えたのでしょう。 この外来の魅力的な染めを模倣する試みが盛んに行われていたようです。自由闊達な味わいの舶載の布をフリーハンドで模写したものから、和風の柄を型染を併用したりしながら、所謂「和更紗」と呼ばれる独自のものまで、日本各地で盛んに製作されていました。これら舶載布の「古渡り更紗」と「和更紗」の内容豊かなコレクションとして彦根藩の「彦根更紗」が有名です。 
このページでご紹介した染め帯は「古渡り更紗」や「和更紗」の奔放で官能的な香り・味わいをフリーハンドで描き、堅牢度の高い現代の進化した染料を使い「金更紗」として制作したものです。


拡大画像




Copyright(c)2011Norifumi Toyama All Rights Reserved.
このホームページのすべての文章の文責及び画像の著作権は外山憲史に帰属します。
文章の引用・転載、画像の持ち出しはバナーを除き一切禁止とさせていただきます。