有限会社ヤマト染芸





袖【遣唐使船・大津浦出港の図】

模様:真糊糸目友禅・海の部分は撒き糊三回撒き・箔仕上げ・刺繍
地染:三度黒(ログウッドの・クロム・鉄媒染)

井上靖『天平の甍』より
天平時代、四人の若い留学僧が遣唐使として命がけで唐に渡り、想像を絶する苦難を乗り越え、高僧「鑑真和上」を日本に招く事に成功した。この日本史上の大きな事実を基に、四人の留学僧達それぞれの運命を描いた歴史小説。

四人の苦難の旅は、大津の浦から遣唐使船に乗り出港するところから始まります。


   サムネイルに戻る