有限会社ヤマト染芸



染め袋帯  【月に萩】

生地呂塩瀬・真糊糸目友禅・刺繍・月と地山部分撒き糊

 『万葉集』の中で鹿を詠んだ歌は六十八首にも及びます。萩の花が咲く頃は鹿の恋の季節です。特に萩と一緒に詠まれた歌は多く、牡鹿が雌鹿を求める澄んだ鳴き声に、妻(恋しい人)を思う切ない気持ちが思い起こされるのでしょう。

巻一・八十四  長皇子
 『秋さらば 今も見るごと 妻恋ひに
            鹿鳴かむ山ぞ 高野原の上』

巻八・一五四一  大伴旅人
 『我が岡に さを鹿来鳴く 初萩の
               花妻どひに 来鳴くさを鹿』
巻十・二一三一 秋の雑歌
 『さを鹿の 妻どふ時に 月をよみ
              雁が音聞こゆ 今し来らしも』

巻九・一六六四 雄略天皇
 『夕されば 小倉の山に 伏す鹿の
           今夜は鳴かず い寐にけらしも』

巻八・一五四七 藤原朝臣八束
 『さを鹿の 萩ぬき置ける 露の白玉 
        あふさわに 誰れの人かも                                              手に巻かむちふ』

巻八・一五九八
 『さを鹿の 朝立つ野辺の秋萩に
             玉と見るまで 置ける白露』

巻八・一六〇〇
 『妻恋ひに 鹿鳴く山辺の秋萩は
                 露霜寒み 盛り過ぎゆく』
  サムネイルに戻る