有限会社ヤマト染芸



留袖  『石橋』

真糊糸目友禅・刺繍・裾部分撒き糊・地色ログウッドをクロムと鉄で媒染(三度黒)

『寂昭法師が入唐、清涼山にかかる石橋の傍らまで来る。この石橋は人間が渡した橋ではなく、自然に石が対岸へと続いたもので、幅は一尺もないほど狭く、苔むして滑りやすい。そして谷は千丈以上に及ぶほど深いのです。そこに文殊菩薩の霊獣・獅子が現れ、咲き匂う牡丹の花に戯れつつ豪壮な舞を舞い、御代を祝福する。』
このとてもめでたい能楽がモチーフです。


   サムネイルに戻る