有限会社ヤマト染芸







名古屋帯【源氏物語野分】夏帯

真糊糸目友禅・刺繍・呂紬地

『源氏物語』 二十八帖 「野分


 夕霧が源氏の名代で秋吉中宮を見舞いに行った日は、前日からの激しい野分が吹き、秋の花が盛りの六条院の秋吉中宮の庭も荒れてしまっていた。
 その庭で女童達が、飼っている虫籠を庭に下ろし、虫たちに露を与えていた。秋色の衣を身に纏った女童達が霧の中に見え隠れしている」
 この部分がモチーフと思われる、遠山美術館所蔵の江戸中期の作品「振袖帷子・野分」がこの作品
の出典です。




  サムネイルに戻る